動脈硬化予防に血管の若がえりの試みとミカルディス

高血圧治療において目指される目標は2つあります。1つは原因を取り除くことによって血圧を正常域に安定させられるようにしていくことであり、もう1つが降圧薬を用いることで一時的に血圧を正常域に安定させることです。前者が根本治療に当たるため重要性が高いということは誰もがわかることです。しかし、後者もまた重要なことであり、これによって合併症のリスクを減らすことができます。血圧が高い状態というのは動脈硬化やそれに伴う重篤な合併症を招きやすい状態であり、少しでも低い状態を保つということが重要視されるのです。胸に痛みを覚える心筋梗塞はその代表例であり、胸を押さえてうずくまることしかできなくなることすらある合併症です。胸だけでなく、頭の痛みなどを伴うものもあり、意識障害によって重篤化するのもあるのが特徴であり、予防は欠かせないものとなります。その予防目的で使用される降圧薬として頻繁に用いられるようになってきたのがミカルディスです。カルシウム拮抗薬がもともとは高血圧治療におけるスタンダードでしたが、ミカルディスやその類似薬はそれに匹敵する勢いで使用されるようになってきています。これは生活習慣病として糖尿病を併発する人が増えてきているからであり、ミカルディスは糖尿病患者で悪くしてしまっていることが多い腎臓を保護する作用があるとされているため、カルシウム拮抗薬よりも好んで使用されることが増えているのです。一方、合併症の予防という観点では動脈硬化を防ぐために血管の若がえりを考えることが大切です。血管は修復が可能であり、血管内皮細胞を新しく作り変えることが若がえりの意味です。軽い運動にその効果があるとされており、運動療法を取り入れることで血管の若がえりが可能になります。