ミカルディスの高血圧に対する効果

高血圧症は日本において最も患者数の多い疾患の1つです。
高血圧症には、遺伝的要因、生活習慣、腫瘍など様々な要因によって引き起こされますが、中でも生活習慣が近年問題となっています。
食生活の欧米化によって生活習慣が乱れ、これが原因で高血圧症を発症する人は増加傾向です。
この高血圧症の初期治療においてよくミカルディスという薬が使用されます。
ミカルディスの成分名はテルミサルタンというもので、これはアンギオテンシンAT1受容体拮抗薬と呼ばれる種類の高血圧症治療薬です。
アンギオテンシンAT1受容体拮抗薬にはミカルディスの他に、オルメテック、ブロプレス、アジルバ、ディオバンなどがあります。
ミカルディスの高血圧症に対する効果に関してですが、降圧作用は決して高いものではありません。
アンギオテンシンAT1受容体拮抗薬同様に高血圧症治療の初期段階でよく使用される、アムロジピンなどのカルシウム拮抗薬の方が降圧作用は極めて高いです。
もちろん高血圧症治療薬として臨床応用されているので、一定の降圧効果は認められています。しかしその強力ではない降圧効果でなぜ頻用されているのでしょうか。
それはミカルディスが動脈硬化を予防、改善する効果に優れているためです。
また腎臓や心臓の保護作用があることも注目すべき点です。
ミカルディスはアンギオテンシンIIの組織への作用を阻害するのですが、アンギオテンシンIIは腎臓において細動脈を収縮させ、腎硬化を進行させてしまいます。
またアンギオテンシンIIは心臓においては直接的に心筋を肥大化させることも知られています。ミカルディスは降圧効果だけでなく、このようなアンギオテンシンIIの人体への悪影響を遮断し、生命予後を改善させるのです。

ミカルディスの副作用と注意点

ミカルディスはアンギオテンシンAT1受容体拮抗薬という分類に属する高血圧症治療薬です。
作用機序を詳細に説明すると、レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系のアンギオテンシンIIがその受容体であるAT1受容体に結合することを阻害することによって、その下流を働かなくして降圧効果を示します。
ミカルディスなどアンギオテンシンAT1受容体拮抗薬には他にオルメテック、ブロプレスなどがありますが、これらには降圧作用の他に心臓や腎臓の保護作用があることが知られており、高血圧症の初期治療においても積極的使用が推奨されています。
ミカルディスは比較的安全な薬として知られていますが、副作用、注意点が全くないわけではありません。
ここからはミカルディス服用による代表的副作用と注意点について解説します。
まず、ミカルディスは妊婦が服用できない薬です。妊娠中には女性ホルモンの影響等によって妊娠高血圧症が起こることがありますが、つまりこの薬はこのような場合には使用できないわけです。
それはミカルディスの服用によって羊水減少、死産・流産、胎児の奇形、先天異常などが起こる可能性があるためです。
またミカルディスは重度の肝障害の患者には使用が禁止されています。 なぜなら有効成分のテルミサルタンが肝臓から胆汁中に排泄される薬であるため、肝機能障害によって血中のテルミサルタン濃度が異常に高くなり、副作用が発現しやすくなってしまうからです。
ちなみにミカルディスの代表的副作用は低血圧によるふらつき、顔面紅潮、めまいなどが挙げられます。
このような場合には薬の効果が強く出すぎている可能性があるため、主治医に相談するようにしましょう。
そして用量調節や他剤への変更を検討しましょう。

ミカルディスを通販で買うためには?

20代や30代前半までは、新陳代謝が活発なので、多少不摂生な生活を送っていても、それほど体に悪影響を与えることはありません。
しかし加齢により、徐々に代謝機能は衰えていくため、血液の循環が悪くなり、体の中の余計な老廃物が排出されにくくなっていきます。
血液がドロドロとするようになり、高血圧になると、動脈硬化や心臓病、脳疾患などの重い病気にかかる確率が上がるので、それを防ぐためには血圧を下げるための努力をする必要があります。
バランスの良い食事を三食摂るようにして、喫煙やアルコールを控え、寝不足にもならないように注意しながら、ストレスをためないような生活をしなければなりません。
それでも効果がない場合は、お医者さんの診察を受け、ミカルディスのような血圧降下剤を処方してもらうようにしましょう。
ミカルディスは、高血圧症の治療に用いられる薬で、血管内のアンジオテンシン受容体に作用し、血圧を上げる元となる物質のアンジオテンシンIIの血管収縮作用を抑え、血圧を下げる効果があります。
心不全などの心臓病や、腎臓病にも用いられることがあり、国内では多数の利用者が存在しています。
ミカルディスは基本的には病院で処方してもらわなければなりませんが、忙しくて行く暇がないときは通販を利用するようにしましょう。
通販といっても、一般的な薬局やドラッグストアのサイトでは売ってないので、個人輸入代行通販のサイトから見つけるようにしてください。
個人輸入代行通販は自己責任で利用しなければなりませんが、ミカルディス以外にもさまざまな薬が売られているので、いざというときには役立ちます。
サイトによって薬の価格は違うので、まとめ買いなどで安く買えるところを探しましょう。

▲高血圧に効果がある医薬品はこちらから
バルザー